治験とは何ですか?

 

新薬の開発段階において、人で有効性や安全性を調査する試験の事を、「臨床試験」といいます。その中でも厚生労働省に新薬として許可をもらうために実施する臨床試験を、「治験」といいます。 詳しくは「臨床試験(治験)とは」をご覧ください。

 

治験ボランティアに参加する為にはどうすばいいのですか?

 

まず、臨床試験・治験について正しく理解をして頂く必要があります。また、臨床試験・治験ボランティア参加する為には、一定の条件が必要です。 詳しくは「臨床試験・治験ボランティアに参加するためには」をご覧下さい。

 

治験薬の副作用が心配なのですが、きちんと説明していただけるのでしょうか?

 

治験薬の副作用については、健康診断の際に担当医師より詳しく説明を行います。その説明で治験薬の内容や、治験の方法などをよく理解して頂いた上で、参加するかどうかをご自身で決めていただきます。 なお、治験にボランティア参加された後、万一健康被害が生じた場合には、迅速かつ適切な治療を無償で受けることができ、その他に生じた損失も補償されます。

 

治験ボランティア参加者のプライバシーは守られますか?

 

治験で得られた結果は、厚生労働省に承認を申請する資料として、製薬会社に文書として報告されますが、治験ボランティア参加者の氏名等の個人的な情報は、一切記載されませんので、治験ボランティア参加者のプライバシーは完全に守られます。 ※医療法人相生会 個人情報保護方針を併せてご覧下さい。

 

治験ボランティア参加中に守らなければならない事はどんな事ですか?

 

治験ボランティアに参加している間は、試験責任医師等の指示に従って、節度ある行動をお願いいたします。 小さな決まりごとは都度、説明いたします。

 

入院が必要な治験の場合、何を用意すればいいですか?

 

ボランティアとして参加される治験の日数に応じて下着の着替え等、ご自身で必要と思われる物を用意して下さい。 なお、入院中の衣服に関しましてはこちらで用意させて頂きます。シャンプーや石鹸、ハブラシ等もこちらで用意してありますので、ご自由にお使い頂けます。また、下着等を洗濯する際は、クリニック内に設備を用意しています。

 

臨床薬理センターの各治験実施施設を訪問する際、車で行く事ができますか?

 

訪問される際には、バスや電車等、公共交通機関を利用することをお勧めします。 また、入院の際は、原則として公共交通機関を利用して下さい。但し、やむを得ない理由で公共交通機関を利用できない時は各治験実施施設までご相談下さい。

 

治験ボランティアに参加した場合、謝礼は出るのですか?

 

治験ボランティアに参加頂いた方には、規定に則った「試験協力費(謝礼金)」が支払われます。 ただし、意図的に試験の運行を妨げたり、ルールを守らないなどの行為が認められた方について、当クリニックがそれを非協力的行為と判断した場合はこの限りではありません。 また、治験に協力的な方であっても、体調面を含む諸条件により、やむをえず治験ボランティアへの参加をお断りする場合がありますので、予めご了承下さい。

 

一度、治験ボランティアに参加した後、すぐに次の治験ボランティアに参加できますか?

 

治験ボランティアに参加して頂くと、治験薬を服用して頂いた後、血液中の薬物の推移を検討するための採血が行われますので、治験に一度ご協力頂いたボランティアの皆様の安全管理のために、治験に参加できない「休薬期間」を設ける必要があります。 なお、休薬期間は献血の基準を参考とした期間が定められています。 治験ボランティアにご参加頂く皆様には、安全管理の為に一度治験にご協力頂いた後に、十分な期間を空けて頂いてから、次回の治験にご協力くださいますようお願いいたします。

 

「高収入治験バイト」「高額治験アルバイト募集」「治験モニターアルバイト情報」などのホームページに、臨床薬理センターの治験ボランティア募集情報が掲載されていますが、これらのホームページと臨床薬理センターはどのような関係ですか?

 

臨床試験・治験ボランティア参加希望者に対して、「高収入治験バイト」「高額治験アルバイト」「治験モニターアルバイト情報」などと称して、治験の施設や日程等の情報を提供する代わりに、「登録料・情報料・紹介料・年会費」として現金を振り込ませるWebサイトが存在するようです。 それらは、当センターとは一切関係ありません。くれぐれもご注意下さい。

 
Page top